料理と写真

【料理】少し手を加えておくだけで、料理がラクになる「作り置き」

作り置き

料理をしている間、「ついで」に野菜を茹でたり炒めたりしておけば、次の日以降の食事の支度がとてもラクになります。

野菜は洗って茹でるだけで、そのまま食べられるものも多いですよね。「簡単下ごしらえ」、おすすめです。

今日の簡単下ごしらえ=「作りおき」

「簡単下ごしらえ」といっていますが、「作り置き」といった方がわかりやすいのでしょうか。「作り置き」までいかないくらいの加熱調理ですが、まぁ世の中ではそういうのでしょう(笑)

今日は、朝ごはんのミネストローネを作っている間に、じゃがいもを茹でてとうもろこしはレンジ加熱を。

ミネストローネを作る際に多めに切ったズッキーニは、軽く炒めて塩コショウ、しょうゆで調味。

ほとんど手間はかからず。でもここまで手を加えておくだけで、その後の調理がとてもラクになります。

じゃがいもはポテサラ率高し

ゆでじゃがいもとうもろこしやじゃがいもはそのまま食べることもできるので便利。茹でたじゃがいもに塩をかけて食べるのが好き。

我が家は旦那さんがポテサラ好きなので、じゃがいもを茹でたらポテサラにすることが多いです。きゅうりやハムなどを入れたポテトサラダ、おいしいですよね!

作り置きして明日以降の献立に

今日はミネストローネがたくさんあるので、加熱した野菜たちはとりあえず冷蔵庫に保存し、明日以降の料理に登場する予定。

「何を作ろうかな」と考えるのもまた、楽しい時間なのです。