バンライフ・アウトドア

新しい時代の働き方「ワーケーション」で仕事もプライベートも充実させよう!

ワーケーション
最近話題の「ワーケーション」とは「ワーク」と「バケーション」を合わせた造語で、観光地やリゾート地で休暇を取りながら、滞在先でテレワーク(仕事)を行う、という過ごし方のことを意味します。

もともとはノートパソコンやインターネットが急速に普及した2000年代にアメリカで広まった働き方のひとつで、現在日本では働き方改革一環として奨励されており、新型コロナウイルスによる新しい生活様式の一部としても注目されはじめています。

「ワーケーション」とテレワーク・リモートワークの違い

バンライフ

「ワーケーション」は自宅でのリモートワークやテレワークと違い、休暇として訪れた滞在先(観光地など)でパソコンなどを使い仕事を行なうことを指します。この休暇と仕事が融合されていることがワーケーション最大の特徴となっています。

企業側は有給休暇の取得率が向上したり、労働者の作業効率がアップし収益につながりやすくなるといった効果が期待でき、労働者側は勤務日と合わせて長期間の休みを取り、好きな時に好きな場所に滞在して休暇を楽しみながら仕事を進めることができるといったメリットがあります。

ワーケーションは企業側・労働者側双方にとってたくさんのメリットがあるのです。

「ワーケーション」はどんな制度?

ワーケーション

ワーク(仕事)とバケーション(休暇)を合わせるというと一見矛盾しているように感じますが、制度としてはどんな仕組みになっているのでしょうか。

実はワーケーションはまだ制度として整えられておらず、実現するためには労使双方の話し合いによって細かくルールを定めていくことになります。

この話し合いによってしっかりとルール作りをしておかないと、ワーケーションとは名ばかりになり、せっかく好きな場所に旅に出ても、その期間中ずっと仕事ばかりになってしまった、なんてことにもなりかねません。

逆に会社側としては、ワーケーションを取得した従業員の勤怠管理や評価について、どのように対応するかをあらかじめ決めておく必要があります。

ワーケーション向きの仕事とは

バンライフ ワーケーション

ワーケーションには向いている企業や職種・業種というのがいくつか存在します。企画やマーケティング、IT関連企業などは比較的相性が良いといわれています。逆に飲食店や小売業など接客業と言われる職種では取り入れるのが難しいのが現実です。

この辺りは、テレワークやリモートワークといった働き方に適している職種と変わらないといえます。

そしてもう1つ、企業自体が風土としてこういった働き方を受け入れられるか、ということもとても大切です。2020年のコロナ禍でリモートワークを導入できなかった企業では、ワーケーションを取り入れることは今後も難しいかもしれません。

ワーケーション × フリーランス

ワーケーション

ワーケーションと相性の良い働き方の1つに、フリーランスや週末起業などの副業があげられます。

テレワークやリモートワークが制度として日本に根付いていない現在のような状況でも、個人の裁量で判断できパソコンさえあればどこででも仕事ができるというスタンスであれば、すぐにワーケーションを始めることが可能となります。

ワーケーション × バンライフ

バンライフ

車中泊仕様にカスタマイズした車やキャンピングカーで行なう「バンライフ」は、ワーケーションと相性抜群です。

車中泊可能な車とネット環境さえあれば、旅先でもすぐに仕事を開始することができ、車内をオフィスとして使用することが可能になります。

現在バンライファーとして車で旅をしながら暮らしているのバンライファーの多くが、ライターや映像制作などの仕事をリモートでおこなうノマドワーカーであり、旅と仕事のバランスを自分で舵取りしながら生活しているようです。

ワーケーションで仕事もプライベートも充実させよう!

ワーケーション

ワーケーションは日本ではまだまだ馴染みのない文化であり、制度やルールなど今後少しずつ整備されていくのを待たなければならないのが現状です。

しかし、フリーランスや副業といった個人でスケジュールや働く場所などのコントローがル可能な働き方をしている方においては、いますぐ取り入れることが可能です。

バンライフとの相性も非常によく、休みのたびに各地に旅に出かけ絶景に囲まれたロケーションでワーケーションを楽しむ、といった働き方が簡単に始められる点が最大の魅力。

リモートワークが可能な方やフリーランスの方、ワーケーションに興味のある方は、ぜひワーケーションを日常に取り入れ、仕事もプライベートも今以上に充実させてみてはいかがでしょうか。